楽器があるときは、引越し業者と話してみよう

引越し業者を選ぶとき、通常の引越しであれば値段や希望する日程などだけをメインに考えればいいもの、という感覚が多いかもしれません。しかし、大切にしている大型楽器などを所有している場合、趣味で壊れやすいものをたくさん集めているという場合には、それ以上に不安になることが、荷物の破損かと思います。


引越し業者と趣味の話をしてみる

現場の作業員に、このような荷物がある、などの大まかな説明や指示を行うのが、担当の営業の人なのだそうです。そのため、自分でアンプやピアノなど、非常にデリケートな大型楽器や付図遺品を所有している場合には、まず担当者にその話をしてみてください。詳しい人であれば、大切に運びますねというのではなく、きっと話が盛り上がることと思います。


ケーブルなどは外す、自分で運べるものは自分で

車で移動するなどの場合であれば、自分で運搬が可能で危険が伴わないものに関しては、自分で運搬するというのも大切です。また機材類の場合は、ケーブルなどもすべて外して、梱包しておきましょう。天地などもわかりやすい位置に表記しておくことで、逆に置かれてしまうといったトラブルを防止できます。引越し業者の人が、あなたの趣味を知っている、同じように大切に思ってくれているというだけでも、安心感は強くなりますよね。